読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康医療いろいろはて日記

健康や医療などいろいろ書きます。

心臓の検査方法

心臓の検査方法には、心電図、胸部X線写真、心臓カテーテルなどがあります。基本的な検査方法は心電図ですが、心臓病の疑いがあれば、胸部X線写真、心臓カテーテルなどの検査も必要性が生じます。

  X線写真と心電図ならば、職場で行う定期健康診断などで経験したことがある人も多いでしょう。心電図では、心臓で起こっている電気の変化を調べることができます。

心電図には安静時心電図、運動負荷心電図、24時間心電図などの種類があります。健康診断で行われるのは安静時心電図で、運動負荷心電図は心筋障害の有無などを調べられます。24時間心電図は不整脈を調べるための検査方法です。

これら心電図の検査では、心臓の肥大や心筋梗塞の疑いを調べることができます。また、心筋障害、不整脈、過去の心筋梗塞まで分かります。このような心臓に関する症状がもとで高血圧になるパターンもないとは言い切れません。その場合は福辻式高血圧ストレッチがいいでしょう。

さて、胸部X線写真では、心臓や肺、大動脈の様子が検査できます。親族が拡大しているかどうか、どの程度拡大しているかどうかなどが分かります。心臓の形、肺動脈・静脈の太さ・細さ・途切れなども分かり、胸膜腔に水が溜っているか、肺に鬱血はないかなどの検査ができます。

心臓カテーテルは、心血管系の血圧や血流が分かり、冠動脈の様子を調べられます。